最高血圧と最低血圧の意義

心臓から体全体に血を送る時に、心臓という臓器は心臓の筋肉の力で全身に血液を行き渡らせる役割を持っています。アンパンマン ケーキ 通販

心臓の筋肉の力を収縮させて血液を送っています。ホワイトヴェール

心臓の筋肉の力で全身に送る時の力を血圧と呼んでいて、心臓から血液を送り出す時に心臓にある筋肉を最も収縮させた時の力が最高血圧です。

一方で、心臓に血液を送り出した後の心臓の筋肉は拡張するが、最も筋肉が拡張した時の血圧の力が最低血圧です。

人間の最高血圧の値の正常値は100から130です。

最高血圧が130を超えると軽症の高血圧という病気が疑われます。

また、最高血圧が100を割り込むと低血圧の病気が疑われます。

また、最高血圧が160を超えると、重度の高血圧となって、すぐに血圧の降下剤などの投与をしなければ命に関わるケースとなります。

最低血圧の正常値は70から85までで、85を超えると高血圧となります。

年齢を重ねるほど血圧が上がるのが一般的で、年配者の最高血圧の正常値は100から140まで設定されています。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.southerncitygreeks.com All Rights Reserved.